2007年05月18日

神雕侠侶

ここ数ヶ月毎週毎週楽しみにしているものがあります。

それは『神雕侠侶』という中国武侠ドラマ。

CSの番組案内で繰り返し紹介されていたので興味本位でふと見たところ。。
ドップリはまってしまった〜。

41話中、先週で38話までが放映済。
39,40話が今晩放送されます。

そう、今クライマックス真っ只中なのです〜。


最初は週1でドラマを鑑賞、が待ちきれずに原作に手を出し
(といっても1巻だけ)

2巻を読み始めで脱落(あまりに描写が細かいので疲れた)
またTVオンリーで毎週ハラハラドキドキ

ヒーロー&ヒロイン別離に心を痛め
”16年後に再会できるのか!?”がどうしても待ちきれずに第5巻を一気に読み切った

TVを見つつ3巻&4巻を読書してうるうる

39,40,41話を楽しみにしてひとり盛り上がる

てな感じで順番メチャクチャながら楽しんでいます。
最終回見てしまったらその後廃人になるんじゃないかしら。アタシ。

原作を先に読むか、ドラマを見て原作を読むか、によって作品の印象は大きく変わるものですが
私は先にドラマが来たので各シーンや登場人物の顔を思い浮かべながら原作を読んでいます。
主人公の楊過がイケメンなんですよねぇ。。
男前だけじゃなく母性本能を刺激するタイプというか。。
いろんな人から愛され、慕われ、視聴者のハートも鷲掴み。。ですよ。
ヒロインの小龍女も素敵です。

武侠とはなんぞや。。というお方。

(↓入門レベルから丁寧に書かれているのでオススメです)
●武侠映画の快楽―唐の時代からハリウッドまで剣士たちの凄技に迫る
岡崎 由美 浦川 留
4384038526

ドラマの詳細はこちらから
●『神雕侠侶』チャンネルNECO公式サイト
●『神雕侠侶』MAXAM公式サイト
●Wikipediaで検索

先月シンガポールに行った時には、もちろんDVDショップをチェック。
”探す”という手間なんて不要。
どの店にもちゃんと”武侠コーナー”があるからです。
神雕侠侶だけでなくた〜くさんの武侠ドラマが山積みとなっていて思わず鼻血が出そうでしたが。。
VCDだし日本語字幕もないし。。ってことで買いませんでした。

最寄りの図書館には金庸作品の本がバッチリ揃っています。
中国語バージョンもズラーっと並んでいているのです。
けどほとんど貸し出されていないのが悲しいところ。
もっと人気が出ても良さそうなのに。

さて、この神雕侠侶が終わったら次にどの作品を読もうか。。
「射雕英雄伝」から読んで余韻にひたりながら「神雕侠侶」と続くのが標準的な順番なのでしょうが、なにせ最初に見たのがこのドラマなので固定イメージがいつまでもつきまといそう。

金庸作品は他にも沢山訳本が出ているのでしばらくはこの余韻に浸りながら金迷ワールドを楽しめるかな〜。

ああ。。夜が待ちきれないわ〜。
終わってほしいやら終わってほしくないやら。。フクザツ。

読んで損ナシ、見て感動。
レンタルでもDVDがあるので興味のある方は是非見てみてください♪

神〓剣侠〈1〉忘れがたみ
金 庸 岡崎 由美 松田 京子
4198924368

神雕剣侠〈2〉モンゴルの野望
金 庸 岡崎 由美 松田 京子
4198924511

神=剣侠〈3〉襄陽城の攻防
金 庸 岡崎 由美 松田 京子
4198924643

神〓剣侠〈4〉永遠の契り
金 庸 岡崎 由美 松田 京子
4198924821

神〓剣侠〈5〉めぐり逢い
金 庸 岡崎 由美 松田 京子
4198924953

神雕侠侶 オリジナル・サウンドトラック
サントラ ホァン・シァオミン ディン・ドン
B000KRNJ6K

神ちょう侠侶(しんちょうきょうりょ) DVD-BOX1
ホァン・シャオミン 金庸 ユー・ミン
B000GPI0RY

神ちょう侠侶(しんちょうきょうりょ) DVD-BOX2
ホァン・シャオミン 金庸 ユー・ミン
B000GPI0S8

 
posted by マーさん at 09:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 武侠ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月17日

メガドーサイ

リトルインディアで食べたドーサイです。
なんとテーブルの幅ほどもある大きさ。
ハミダシの美学?

dosai05.jpg

おやつに注文したものですが、2人で食べてもおなかいっぱい!
もちろんおいしいんですよ〜。
でもこんなものを食間に食べていたら太っちゃうなぁ。



posted by マーさん at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | フード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月16日

vivo cityに行ってみました

前回行き損ねて気になっていたショッピングモール。
広いですね〜。
全部回ってみよう、なんて歩くとすごい距離です。
100均のDaisoまであってビックリ。(混雑してた。。)
こんなに買い物する場所が沢山あっても買うものがないわ〜と思いながら行き交う人を眺めていたのですが、シンガポーリアンはお買い物好きですね。

私が気に入ったのは外に出て見える海です。
遠くにうっすら見えるマーライオンの頭。

vivo02.jpg


何のお船かしら。。

vivo03.jpg


子供が遊べるエリアもあって楽しそう。

vivo01.jpg

一番楽しめたのは水辺の風景でした。
 
posted by マーさん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月15日

♪シューズ♪

ひと目ぼれして購入した靴です。

kutu.jpg

ミルピタスのグレートモールで見つけました。
中敷きがピアノの鍵盤柄でかわいいでしょ?
  
posted by マーさん at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月11日

連休は

GWをアメリカで過ごしてきました。

今回はレンタカーで回ってので普段は行けないような田舎の観光地を楽しむことが出来ました。
とにかく広いですね。北海道を旅しているような気分でした。

2日目に行ったナパ。
道路沿いには広大なぶどう畑が続きます。

napa.jpg

周囲にはオシャレなワイナリーやホテル、スパなどが沢山あり、予約を入れれば食事やテイスティングも出来るそうです。
ここは宿泊してゆっくりするのがオススメ。
また行く機会があればワイントレインに乗っておいしいワインを飲みたいなぁ。

3日目は快晴晴れ
地元の方イチオシというモントレーへ。

montre02.jpg

モントレーのフィッシャーマンズワーフ。
サンフランシスコのFワーフよりこちらの方が断然キレイ!
海水も透き通っているし、素朴な風景が素晴らしい。
アシカ?の声にも”アメリカの自然”を感じて楽しめました。
名物クラムチャウダーは味見のコップでひと口。
ダシが濃くておいしかったけれど塩辛かった〜。


17マイルドライブから臨む景色。
海と空の深い青にしばし時間を忘れて見とれていました。
潮風が気持ちいいの〜♪

montre01.jpg

ここには有名なゴルフコースがありますが、この景観で思いっきり打つと気持ちいいでしょうね〜。
周囲に点在する豪華別荘も見る価値ありです。
小さなお城みたいでとても素敵なの。

そして最後はカーメルへ。
日本で例えるなら軽井沢かな。
美しく整備されどこもかしこもかわいい花で飾られています。
インテリア雑貨や絵画のお店がメイン。
客層は年配の方が多かったですね。


4日目はサンフランシスコの街へ。
午前中にダンスのオープンクラスに参加して汗を流し、午後はケーブルカーに乗ってフィッシャーマンズワーフへ。

cisco.jpg

週末の午後とあって激混み。
暑くて焼けこげそうな午後でした。

cisco01.jpg

遠くにうっすら見えるゴールデンゲートブリッジ。


ダウンタウンはけっこう浮浪者が多くて怖かったです。
電車や街中では英語よりヒスパニック系の言葉の方がよく聞こえてきますね。
アメリカの歴史的背景や地理を考えながら行き交う人達を眺めていたのでした。

最後に食事について。
アメリカに住んだら肥満への道は間違いないでしょう。
確かにステーキもフライも中華もおいしいけれど
とにかく量が多い。味が濃い。
初めは残していても気がつくとたいらげるようになるらしい。
量も値段も半分でいいんだけどなぁ。。

巨体のファミリーが全員で巨大アイスを食べているのを見るとさすがに食欲も失せる(^^;)。。
あちらの方の”大きい”は並大抵じゃないですね。

日本に帰ってきたら早速粗食の生活です。
白いご飯とお味噌汁に野菜たっぷりのお総菜。
そして腹8分目。
和食ってやっぱりいいわ〜。。。


持っていったガイドブック。
4478052786サンフランシスコ―2006~2007
地球の歩き方編集室
ダイヤモンド社 2006-09-16

by G-Tools

”カリフォルニア”とか”西海岸”だと重いわりに情報量が少ないのですが、これだとエリアが絞ってあって薄いので便利でした。
posted by マーさん at 08:51| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。